無添加化粧品LOVE♪

無添加化粧品大好きな私が敏感肌もOKな無添加化粧品をガイド!

「無添加化粧品」はここ数年の健康ブームにより話題です。

化粧品は毎日使うものだから、年齢を重ねるにつれ、「無添加で本当に肌に良いものを使いたい」と思う女性が増えています。

ですが、「無添加化粧品」って実際にはどういうものなのか?あまり知られていません。

そこでこのサイトでは、

「無添加化粧品」ってなんだろう?よくわからないので知りたい!
似たような、「オーガニックコスメ」と「自然派化粧品」とはどう違うのか…。
「無添加化粧品」はどう選べばいい?

といった問点を解説していきます!

無添加化粧品の定義を解説!

無添加化粧品の定義は法律上はありません。

ですが、このサイトでは「特定の成分(添加物)が配合されていない化粧品」としています。

というのも、「添加物が全く入っていない」わけではないからです。

明確な規定がないので、何かを添加していなければ無添加という表示をすることができます。

多くは、香料や合成界面界面活性剤や着色料などが配合されていないだけの無添加化粧品が多いです。

また、旧表示指定成分が配合していない場合に、無添加としていることが多いです。

旧表示指定成分とは、「アレルギー等の肌トラブルを起こす可能性のある成分」のことです。

参考)

102の旧表示指定成分一覧表

無添加化粧品といえば、添加物が全く配合されていない化粧品というイメージがると思いますが、そういうわけではないんですね。

ただし、無添加な分、通常の化粧品よりお肌に優しいというのは間違いないと思います。

ですが、無添加化粧品の明確な定義や基準、規定などが無いため、「無添加」と書いてあれば安心というわけではありません。

なので、自分の肌を守るのであれば、成分についてある程度の知識を持つことが重要です!

無添加化粧品のメリット、デメリットを解説

無添加化粧品のメリットとデメリットを紹介していきます。

無添加化粧品のメリット

アレルゲンとなる可能性の高い成分の配合が少ないため、お肌に優しい。
時間はかかるが、肌本来の美しさを取り戻すことができる。
肌荒れしにくいお肌になる

無添加化粧品のデメリット

・使い心地が下がる場合がある
・人工的に作られた効果が得られなくなる
・値段が高くなりやすい

無添加化粧品は、自然由来の成分を使っているモノが多いです。

なので、即効性はありません。ですが、肌が本来持っている力で肌のトラブルを解決することを促します。

ただですね、人工的な効果が得られなくなるのには注意が必要です。

例えば、防腐剤不使用のものは、化粧品の常温保存ができなかったり、短期間で使い切らなければいけなかったりといった不便さがあります。

無添加だから良い、人工物だからダメということではありません。

自分にとって何が必要かを見極めることが大事です。

無添加化粧品とオーガニックコスメの違い

オーガニックとは、有機栽培(無農薬、無化学肥料栽培)によって作られたという意味です。

なのでオーガニックコスメは、無農薬、無化学肥料栽培で育てられた植物を使って作られた化粧品のことです。

実は日本にはオーガニックコスメの明確な基準はありません。

海外のオーガニック認証を受けたものがオーガニックコスメです。

オーガニックコスメのメリット

・化学的な処理をしていないため地球環境に優しい
・植物由来の美容成分が、本来あるべき肌の状態に導いてくれる
・天然アロマオイルでリラックス効果が得られるものが多い

オーガニックコスメのデメリット

・植物の美容成分がダイレクトにお肌に届くので、体質に合わない場合もある
・日本にはオーガニックコスメの明確な基準がないため、「自称オーガニックコスメ」が多い
・使用期限が短いものが多い

このように、無添加化粧品と同じ様にオーガニックコスメも、肌本来の力によって美を作り出すことが目的の化粧品です。

ただし、自然でリラックス効果のある香りが楽しめるなど、製品によって特徴があります。

こちらもよく成分をチェックしてみてくださいね。

無添加化粧品と自然派化粧品の違い

自然派化粧品は、ハーブなどの天然素材を化粧品の材料にし、化学合成物資をできるだけ使わない化粧品です。

明確な基準がないため、無添加化粧品と同じように、特定の何かが天然由来の成分であれば、自然派化粧品と呼べます。

自然派化粧品のメリット

・シミやシワの原因ともなる化学物質が少ない
・即効性はないが、肌本来の健やかな状態に戻す期待ができる

自然派化粧品のデメリット

・人工的な効果が得られなくなる
・使い心地が下がる場合がある

無添加化粧品とオーガニックコスメと自然派化粧品の違い

無添加化粧品=人工添加物が1つ以上配合されていない化粧品
オーガニックコスメ=オーガニック栽培の植物が原料となっている化粧品(海外の認証を受けている)
自然派化粧品=天然成分が1つ以上配合された化粧品

オーガニックコスメだけが、海外の認証を受けています。

海外の認証や言葉の持つイメージで、盲目的になので無添加で自然派と考えてしまいがちですが、実は、人工的な化合物はしっかりと入っています。

無添加化粧品の選び方を解説!

無添加化粧品は次の3つの選び方で選ぶようにしてみてください。

・成分をチェックできるようになる
・自分がこだわるポイントを明確にする
・成分がシンプルなものを選ぶ

しっかりと成分をチェックするべきなのは、各商品によって何を添加していないかが異なるためです。

成分のチェックはこちらでできますので、ちょっと面倒ですが、取り組んでみてくださいね。

https://bihada-mania.jp/

その無添加化粧品が本当に危険性がないのか、安全なのかを知るには、勉強が必要です。

次に、自分が何にこだわっているのかを明確にすることが大事です。

完全無添加がいいのか
海外のオーガニックの認証が大事なのか
100%自然成分だけの化粧品がいいのか
プチプラで香料やパラベンなどが無添加ならいいのか

色々と勉強して、自分の基準を持つようにしてみてくださいね。

それから、化粧品の成分表示を見て、人工添加物が少ないシンプルなものを選んでみてください。

アルファベットや数字が羅列しているのは、無添加や自然派とは程遠いです。

少し勉強が必要ですが、無添加に興味を持ったということは、肌を大事にしたいと考えているのだと思います。

これまでとは違う肌の曲がり角や肌トラブルを実感しているかもしれません。

なので、これまでと違ったことに取り組んでみてくださいね。

投稿日:

執筆者:

新しい記事はありません