無添加化粧品LOVE♪

無添加化粧品大好きな私が敏感肌もOKな無添加化粧品をガイド!

ビニール肌を改善できる!復活のために5つの方法を試そう!

ビニール肌の原因は、強い摩擦と過剰なスキンケア、そして不規則な生活です。

これらをやめて正しい肌のケアをすることで、ビニール肌を改善できます。

■ビニール肌の改善方法

・クレンジングはこすらない
・洗顔は夜だけ
・スキンケアを化粧水とクリームだけにする
・毛穴パックをしない
・規則正しい生活と適度な運動をする

それぞれ詳しき解説していきます!

ビニール肌の改善法①:クレンジングはこすらない

まずは肌への摩擦をなくしましょう。一番摩擦を与えてしまうのはやはりクレンジングと洗顔の時です。

クレンジングはこすらず、クレンジング剤を少し多めに使い、溶かすようになじませましょう。

当然、クレンジングにあわせてマッサージするのもNGです。

クレンジング剤には、アルガンオイルなどの油脂系オイルクレンジングがおすすめ。メイクをしっかり落としてくれて、潤いも保ってくれます。

ビニール肌の改善法②:洗顔は夜だけにする

洗顔の時も、クレンジング同様、ごしごししないことが重要です。

クリーミーな泡を作り、肌の残った汚れを吸着させるように優しく転がしましょう。

ただし洗いすぎは禁物。20秒程度で十分汚れは落ちるので、すばやく洗い流しましょう。

朝と夜の2回洗顔する人もいますが、こちらも夜だけで十分です。

朝も洗ってしまうと、肌に必要な分の皮脂まで洗い流してしまいます。

洗顔後のタオルでのふき取りも優しく。ごしごしせず優しく押し当てて水分をふき取ってください。

ビニール肌の改善法③:スキンケアを化粧水とクリームだけにする

スキンケアは、スキンケアを化粧水とクリームだけにして、過剰なスキンケアをやめましょう。

洗顔後のスキンケアは化粧水とクリームだけで十分。

乳液や美容液の毎日の利用はむしろ過保護すぎと言えます。

保湿しすぎると肌本来の保湿機能やバリア機能が低下してしまうのです。

洗顔を優しくする分、保湿も必要最低限でOK。

また、コットンパックやシートマスクも必要ありません。

化粧品は肌の角質層までしか届かず、化粧水を手で塗るだけで十分浸透します。

コットンパックやシートマスクを使ったからといって、より奥まで浸透することは残念ながらありません。

ビニール肌の改善法④:毛穴パックをしない

毛穴パックも過剰なスキンケアの一つ。

必要な皮脂まで奪ってしまいます。

そもそも毛穴の角栓は美肌にも存在するもので、目立たないので綺麗に見えているのです。

毛穴が目だったり黒ずんだりしているのは、毛穴パックという強すぎるスキンケアのせいで角栓が巨大化、酸化してしまったからなのです。

必要な角栓を取らず、気になる部分には油脂系オイルクレンジングを乗せて、まずは詰まった角栓を柔らかくして排出させましょう。

毛穴が閉じて角栓が目立たないようになったら、正常な肌の状態です。毛穴パックは悪循環になるのでやめましょう。

ピーリングも必要な角質までそぎ落としてしまうので、毛穴パック同様NGです。

過剰&強力なスキンケアは、人間の肌には必要ありません。

ビニール肌の改善法⑤:規則正しい生活と適度な運動をする

規則正しい生活も、ビニール肌を改善する重要なポイントです。

睡眠はただ十分な時間寝るだけでなく、ぐっすりと眠る質の高い睡眠を目指しましょう。

例ば、

・夕食後のカフェイン摂取を控える
・寝る1時間前からスマホなどを見ない

など方法はたくさんあります。

眠る準備を万全にして、リラックスして眠りについてください。

また、バランスの取れた食事も大切です。

特に脂質の摂取量はビニール肌に重要で、摂りすぎも控えすぎもNGです。

理想的な成人女性の1日の脂質摂取量は55gと言われています。

例えば

とんかつ1食分には36g
ショートケーキには15g

の脂質が含まれています。

自分の1日の食事を見つめなおし、脂質を摂りすぎていないか、不足していないかチェックしてみましょう。

そして、適度な運動も必要です。

運動をすると血行が良くなり、肌の改善に必要な成分が運ばれやすくなります。

ただし急な運動や激しい運動は逆にストレスになってしまうので、短い距離の車移動や電車移動をウォーキングに変えてみたり、エレベーターではなく階段を使ってみたりと、身近な運動を増やして習慣づけていきましょう。

ビニール肌について、よくある質問もまとめていますので、ご覧になってみてください。

ビニール肌に関するQ&A

そもそもビニール肌って何?私ってビニール肌?という人はこちらをチェックしてみてください。

ビニール肌とは?ビニール肌の定義とチェックリストを公開

投稿日:

執筆者:

新しい記事はありません